飼い猫 チムと花子のお騒がせ日記
プロフィール

のぶちょめ

Author:のぶちょめ
■のぶちょめ:
酒と音楽と猫をこよなく愛する道楽娘
一応 事務社員

(バンドのHPは http://mesukinoko.web.fc2.com/ )
 
■チム ;2011.11.27 逝去しました
♂ 享年12歳 
白黒模様
高校の帰り道に友達と拾った野良猫。
はじめて我が家に来た猫
甘やかしすぎたため、ぶくぶく太ってしまい今は立派なデブねこ、
噛み癖は直らず。
過去、十数万円した薄型液晶TVを後ろ足で蹴飛ばして
壊したことがある。

11歳になった今でもヤンチャ!!
最期の記事はこちらです

■はなこ ;
♀ 推定11歳 白猫マロ模様いつのまにか我が家に居ついた野良猫。前○の猫おばさんが育てていた猫だったが 我が家の庭が気に入ったらしく・・・
長年外で餌付けしていたけれど、あまりに人懐っこいので家猫にしてしまった・・・
超ツンデレな女の子

※我が家に来た経緯

にくきゅう
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコーの写真、素人のわたしには全然わからないけれど、
チムの心臓の周りにべったりと腫瘍が付いているらしい。
前回から3日後に病院に行った結果。残念ながら病状は悪いらしい
胸の水が抜けて(利尿剤で)一日目は呼吸も楽そうで久しぶりに元気に遊んでいたチム。
すやすや眠る姿も久しぶりの光景だったので、なあんだ回復に向かっているのかと思っていたが
そうではなかった。
エコーと撮ると上の写真のとおり、胸の水もはじめは抜けていたがまた同じくらいの量の水
水といっても悪いリンパ液が溜まってきているらしい。
ほぼ悪性リンパ種と断定されたチムの余命は治療をつづけてれば半年は保障できるが
半年以降の命の保障はないといわれた

運命です。とも言われた。

それから1週間後に診せに行った際も、少しずつ腫瘍は大きくなってきているらしい。
溜まった水を出す利尿剤と
ステロイド(軽い抗がん剤みたいなもの?)
薬による胃の不調を保護する薬
の3種類出された。
これを毎日えさに混ぜて出すことになる。

普段平日の10時から18時までは実家で仕事をしているのでチムの様子を見ることができるものの
朝と夜は実家から車で10分弱のマンションに住んでいるのでチムの様子を見れない
これは双子のあやも同様。
忙しい母にチムの薬は任せるほかない。申し訳ないけれどチムは母が大好きだから
そのほうがいいのかもしれない。
チムは母の言うことは聞くし、いつも母にくっついている
母が車で帰宅する際は車のエンジン音だけで母の帰宅を感じて玄関にお出迎えに行くくらい
チムは母が好きだ。

まだ本格的な抗がん剤治療は始まっていないがもうすぐだろう
そうしたら副作用で毛が抜けるかもしれない
可愛い可愛いふくふくした白いチムの肉体はやせっぽっちになってしまうかもしれない。
そうして静かに最期を迎えるのかもしれない。

私はチムが最期を迎えるまでに
何ができるのだろうか?

考えたくなかった現実が差し迫っている
私はリアルが怖くて毎日酒を飲んでいる

しかし いつかチムは死ぬ、元気な花子もそうだ。
それまでに何ができるだろう?

・アルバム(幼少期は10巻まで作ってた)をまだ作ろうか?
デジカメや携帯に何千枚も保存されているチムの写真をまとめて現像しようかと思う。
・ノートにチムの日々の変化を書くようにもした。
・動画サイトにチムの可愛い動画を沢山アップロードしよう

ほかに何ができるんだろうか?
私は悲しい、あまりにも悲しい
timu20111026.png
「ぼくまだ元気だにゃ!」
チムはもうオス猫で11歳だ。しかも太っている。
だからいつ何かしらの病気にかかってもおかしくはない
しかしこんなに急に病気を告げられるとなると私はきょとんとしてしまった。
急にとは言っても、春先から心臓がバクバク動くような少し苦しそうな呼吸の仕方をするようになった。
8月あたりに近所の病院へ検診を兼ねて診せに行くと「肥満が原因では?」といわれ血液検査だけして帰った。血液検査が問題なかったのでそのまま様子を見ることにしたのだけれど
最近になりいっそう苦しそうな呼吸の仕方をするので急遽母とアヤと、チムをキャリーに入れて
以前とは別の病院へ診せに言った。
その病院は、母の友人で猫を9匹飼っている人が通っている病院なので信頼性はあるわけだ。

そこで初めてレントゲンをとってもらうと、
おなかに水がたまっている、とのこと
高齢猫の上、ビクビクしているチムには可愛そうだが一部毛を剃って、中の液体を少量採取してもらうと
リンパなんとか?が沢山出た。
まだ確定ではないがリンパ腫という病気かもしれない、ネットで調べたら猫に多い癌みたいなものらしい。
横になるといつも苦しそうだったので、原因が明確になったのは本当に安心した。
しかしこうなった以上、科学療法でリンパ種?を治療していくことになった。
・まず3日間、薬を入れたえさを食べさせて、尿と一緒に悪いリンパが入ってる水を押し出す。
しかしもし、薬が合わなかったり、えさを食べないようになったら中止だ。
そうなったら暴れないように麻酔注射をしてチューブを入れて液体を出すしかないらしい、高齢猫で病院嫌いのチムにとったらかなりの負担である。
今のところそれ以外方法はないらしい。
現時点でおなかの中の水量は多くないし、チムはいつもどおり毛ツヤもいいし、顔色もいい。
ジャンプ力や体力はないけれど一緒に遊んだり、大好きな母に甘えたりしている。

呼吸が少しでも楽になるならこのまま薬を飲ませて回復を待つしかない

私は最近は自分の心療内科系の病気にばかり気をとられていて安定剤と酒と音楽祭のせいで
なかなか現実を直視できていなかった。楽しいことばかりは続かない

私は考えた。
家族全員で溺愛してきたイケメン顔の甘ったれの好奇心旺盛の可愛い可愛い愛猫を失う
という状況に耐えられるだろうか?

チムは我が家ではじめての飼い猫だ、家族の危機を沢山救ってきた、人間みたいな猫だ。


考えたらキリがないのでもう寝ることにする
明日 朝早く実家に行ってチムの様子を確認しにいくつもりだ。

本当に元気になってほしい
チム 大好き

NCM_0718.jpg
にゃあに? 負けなにゃいもんね

NCM_0728.jpg
あたしはどこも悪くないわよっ
ここ数か月、チムの呼吸が少し荒く苦しそうなので心配になり病院に連れて行った。
動物は猛暑の日に体温調節でハアハアと呼吸することはあるらしいが、
そんなに熱くない日でもハアハアしていることがあるので
2年ぶり?に検診もかねて病院へ。
触診は異常なし、心臓に雑音もないのでひとまず安心。
血液検査では前回高かった肝臓の数値が下がっていた。良かった
しかし 7.2キロと肥満猫のためダイエットは必要。
呼吸が荒いのは肥満体型が原因かもしれない、とのこと。
チムは今年で12歳、肥満の雄猫は糖尿や腎臓に気をつけたほうがよいらしい。
少しでも長生きしてほしいのでダイエットするか
しかし、具体的にどうやってダイエットすればいいのだろうか?
エサは常に入れっぱなしで食べる時間もバラバラ・・・
夜は寝ているし、週末は大体猫2匹だけで留守番だ。

誰か意見を
お願いします。




NCM_0188.jpg
↑ゲージの中のチム。
怯えた顔もイケメン

NCM_0191.jpg
家に帰ってホっとしています。


NCM_0203.jpg
はなこ:『あたしはデブネコじゃニャいわよっ・・・』

東日本大地震で
被災された方々にお見舞いを申し上げます。

先日テレビでとてもショッキングな映像が流れていました。

福島原発から20-30キロ圏内に住んでいて、地震の直後に緊急避難をした方々のペットの話です。

避難所にはペットを連れていけないという理由で被災地に置き去りになった犬や猫を
救い出してくれる団体がいるらしいです。

「ペットは家族、なのに誰もペットを助ける人たちがいないから私たちが助ける」
彼らはそう言っています。

福島では 「一時避難ですぐに戻ってこれる」と思っていたため、一緒に連れていけないペットを
仕方なく自宅に置いてきてしまった人たちが沢山います。
しかし ドロドロに荒れ狂う原発のせいで すぐに戻れるはずもなく

残されたペットたちが次々と餓死しているらしいです。

テレビで流していた 某福島の家族は自宅に置いてきた猫をペットレスキュー隊とともに探しに家に来ますが、
愛猫の名前を何度大きな声で呼んでも反応なく、とても残念なことに
結局その老猫は眠るように死んでいました。
飼い主さんの慟哭が響きます。

本当に悲しい。もし自分の飼い猫が同じ目にあったら…と考えると涙が出ました。
今でも考えると涙が出ます。

その家は津波で倒壊したわけでもないのに、どうしてこの猫はこの場所でひとりぼっちで死ななければならなかったのか・・・・

津波は天災ですが
原発は人災です。

同じようにして死んでいった福島の犬や猫たちは
結局 東電の犠牲者なのではないかと思うのです。

人間を優先するのは当然ですが

家族の一員である言葉なきペットたちを もっと大事に考えてほしいものです。
hanakonippon.jpg
計画停電の最中は暖房が使えないので寒いですね。
首都圏に暮らす人々の社会を回すためにも節電は大切です。

猫は暖かい場所を知っている。
ベランダから差し込む陽の光に吸い寄せられるように、チムと花子はこの場所を取り合います。

日光浴は骨を丈夫にするので人間にも猫にも良いんです。

P1050838.jpg
チムぐでーん
P1050841.jpg
足をひらいてみる
P1050844.jpg
さわってえー
P1050845.jpg
やっぱダメ!!
P1050851.jpg
ヘンなカッコ・・・
P1050852.jpg
きもちよさそう・・・
P1050853.jpg
もっと ぐでーん
P1050855.jpg
もふもふ
P1050856.jpg
ねむー。
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。